Santa Cruz

生産者 Viña Santa Cruz (ビーニャ サンタクルス)


チリの中でも最もワイナリーが多い地域、コルチャグアヴァレーに位置するサンタクルス市は、日照量が多く濃厚なブドウが育つことで有名な土地です。「ワインロード」と呼ばれる道があるほど、周囲にも多くのワイナリーが点在しています。そのサンタクルス市内から海へ向かう道を車で30分ほど走ると、小高い丘に広がるブドウ畑とそして趣のある建物が見えてきます。門を抜けると、そこはまるで別世界。広大な敷地のなかには博物館やロープウェイ、展望台も併設され、エレガントな建物のワイナリーだけでなく観光地としても魅力的で、海外からも毎年多くの観光客が訪れます。

ビーニャ サンタクルスは2003年に設立され、2005年からワインの生産を始めました。年間約50万本を生産する、チリでは中規模のワイナリーとなります。毎シーズン個性豊かなワインをリリースし、エチケットもチリの伝統民族などの歴史をモチーフにするなど、オリジナリティー溢れるワイン造りが特徴的です。

丘に広がる畑はそれぞれの箇所で日照量、風の向きなど気候が異なるため、その差異がブドウの味にインパクトを与えています。
ワインにするブドウは自社畑で厳選したもののみを手摘み。羊の放牧による雑草除去を行ったり、ブドウの皮をコンポストとして利用したり、ソーラーパネルを導入しワイナリーの電力は全てソーラーで補うなど、環境に配慮した栽培法を実施しています。毎年、安定した生産量を維持しながら、若手を中心とした勢いのあるチームが新しいブレンドの考案を積極的に行い、国外マーケットに向けたアプローチも精力的に行っています。

弊社代表はチリ在住時最初の2年間、サンタクルス市近郊に在住していたため、当時はチャマンシリーズの赤ワインばかりを飲んでいました。その頃より、「いつかこのワインを日本へ輸入したい!」と思っており、弊社設立前にオーナーのエミリオに面談を申し入れ、その熱き想いを伝えたことから取引が始まった、思い出深いワインです。ブエンモスト入荷第一号のワインでもあり、ワインの銘柄「チャマン」という名前は、その印象深いエチケットと共にお客様にご愛顧いただいております。

商品はこちら